ドクターズチョコレートとは

糖質が気になる方や食事制限をされている方に

『ドクターズチョコレート』は、最高級のベルギーチョコレートを100%使用し、当社独自の製法で日本人の嗜好にあわせた食感と風味に仕上げたプレミアムチョコレートです。
*『ドクターズチョコレート®』とは、弊社が商標登録をした自社ブランドです。

さらにおいしさに加え、砂糖不使用ながら低カロリー甘味料「マルチトール」を用いることで、香り高く深い味わいの低GIチョコレートを実現しました。
*弊社使用のマルチトールは遺伝子組み換えでないヨーロッパ連合産(EU)のトウモロコシを使用しています。

『ドクターズチョコレート』は、糖質が気になる方のおやつとして、多くの管理栄養士や薬剤師の方からも推奨され、約10000の調剤薬局と約1000の病院およびクリニックにて、取り扱われています。(2017年4月現在)

砂糖不使用・機能的なチョコレート

一般的なチョコレートの約3割~4割まで抑えた 野菜に匹敵する低GI(低糖質)チョコレート

GI値とは、グリセミック・インデックスの略で、食後の血糖値の上昇度を示すものです。GI値が低いと血糖値が上昇しにくいため糖がおだやかに取り入れられ脂肪がつきにくいとされています。

GI値が70以上の食品が高GI、50~70の食品が中GI、55以下の食品が低GI。一般的なチョコレートはGI値が91と高GI食品になりますが、『ドクターズチョコレート』は、ダークがGI26、ミルクがGI36といずれも低GI食品。その値は、キャベツなどの野菜類と同等の値に匹敵します。

ダークチョコレート ミルクチョコレート
GI値 26 36
成分 カカオマス、マルチトール、ココアバター、
レシチン(大豆由来)、
バニラ香料
植物油脂不使用
マルチトール、ココアバター、全粉乳、
カカオマス、レシチン(大豆由来)、
バニラ香料
植物油脂不使用

食後の血糖値に関する評価試験が専門家に認められ 唯一GI値を表示したチョコレート

グラフ「チョコレートを食べた後の血糖値の変化」-出典:バリーカレボー社チョコレート研究所、調査機関:フランス NATURALPHA社 『ドクターズチョコレート』を摂取しても血糖値が上昇しないことは、評価試験で明らかになってます。

その結果『ドクターズチョコレート』は、一般的なチョコレートにみられる、食後の急激な血糖値の上昇もなく、糖質の吸収が穏やかであることがわかりました。
日本でGI値が確定しているチョコレートは現在(2017年3月現在)、『ドクターズチョコレート』のみとなっています

ドクターズチョコレートに対する評価

最高級のチョコレートを原材料に、低GI、低カロリー、コレステロールゼロを実現した『ドクターズチョコレート』。おいしさと健康を完璧なまでに両立した類まれなチョコレートは、さまざまなかたちで評価されています。

管理栄養士・薬剤師の95%以上が『ドクターズチョコレート』を推奨

管理栄養士100名に、『ドクターズチョコレート』を糖質が気になる方に推奨できるかについて伺いました(*1)。(協力:食プロリサーチ)
その結果、96~98%の管理栄養士の方から、糖質が気になる方のおやつとして、お勧めできると回答をいただきました。
また、薬剤師420名にも同様の質問を行ったところ、96%の薬剤師の方から、糖質が気になる方にお勧めできると回答をいただきました。

※1) 食プロリサーチ 2014年11月調べ ※2) 弊社おすすめ目安 1日最大1単位(80カロリー)以下として
ノンシュガーミルク:11粒(約74カロリー)を、2~3回に分けて食べる
ノンシュガーダーク:12粒(約78カロリー)を、2~3回に分けて食べる

「日本を健康にする!」研究会が機能性おやつとして推奨

管理栄養士・栄養士などを通じて、食品・健康食品の拡販と情報提供によるコンシューマの健康増進を図る「日本を健康にする!研究会」。

同研究会では、食品・健康食品メーカー、流通関連企業、大学・公的機関などと一体になり、おいしく楽しく食べられ、健康増進に寄与するおやつの普及「機能性おやつプロジェクト」を立ち上げています。

信頼性の高い治験を有する『ドクターズチョコレート』は、同研究会から機能性おやつとして推奨されています。

Bean to Bar Chocolate~西アフリカの選び抜かれたカカオ農園より~厳しく管理されたバリーカレボーの最高級カカオ豆

『ドクターズチョコレート』に使用しているチョコレートは、ガーナやコートジュボアールのサスティナブルカカオ(化学肥料を一切使用しない農園レベルの生産履歴が明らかなカカオ)を100%使用しています。

こうした高品質・最上級のカカオ豆を恒常的に入手できるよう、バリーカレボー社は、熱帯雨林地帯のカカオ豆生産者たちと特別契約を結び、その品質を確保しています。その結果、『ドクターズチョコレート』は、化学肥料を一切使用していないカカオ豆だけで作られたチョコレートと、唯一言えるチョコレートです。

また、チョコレート製造時段階では、厳しくその品質がチェックされ、完成品は知識・経験豊かな3人のマスターマイスターが監修を行い、チェックを通ったものだけが出荷されます。

サスティナブルカカオ

生産地域の自然環境の保護や再生、減農薬/無農薬栽培の推進、トレーサビリティー(生産履歴)の確保、トランスパレンシー(お金の流れの透明性)の確保、農園労働者家族の教育、医療支援等の生活環境の改善を目的とする、安心・安全なサスティナブルカカオ(=持続可能性に配慮したカカオ豆)のみを使用しています。

「安全」「安心」のみにこだわった カラダにうれしい植物素材を使用

バリーカレボー社が有する約6000種類ものチョコレートレシピのなかから『ドクターズチョコレート』のために選りすぐった1つのレシピ。そのこだわりは「安全」「安心」の素材選びでした。

バリーカレボー社のチョコレートは、ココアバター100%なので、トランス脂肪酸ゼロ(*)、植物油脂不使用、もちろんグルテンフリーですが、微量の原材料にもこだわりをもっています。
*「ドクターズチョコレートミルク」には、ミルク由来の天然のトランス脂肪酸が0.004g/g含まれています。

代用油脂・防腐剤・合成香料を一切使用せず、香料にはブルボンバニラを使用。ブルボンバニラは、チョコレートを魅惑的で洗練された香りのおいしさに仕立て、ダークチョコレートでは甘さを際立たせ、ミルクチョコレートではクリーミー感を引き立てます。

そして、糖質を気にされている方、糖質制限をされている方のために、砂糖に代えて使用しているのが、麦芽糖からつくられた低カロリー甘味料「マルチトール」(*)。
*弊社使用のマルチトールは遺伝子組み換えでないヨーロッパ連合産(EU)のトウモロコシを使用しています。

最高級クーベルチュールチョコレートのおいしさはそのままに、まさに健康を考えて開発したチョコレート、それが『ドクターズチョコレート』です。
『ドクターズチョコレート』はベルギーから『バリーカレボー』の原材料を輸入し、さらに日本人の嗜好にあったチョコレートに仕上げるために横浜のチョコレート工場と独自の製法を開発。その製法の秘密は、超微粒子化。数十時間、一定の温度で、1ミクロンの超微粒子になるまでローラーで微粒子化することで、カカオの本来もつ苦味がやわらげられ、日本人にもっとも美味しいと思われる味覚(口溶け、風味、深い味わい)に生まれ変わります。

マルチトール(還元麦芽糖)

※FAO及びWHOで、安全性が高い甘味料として評価されています。

マルチトールは一般的に、トウモロコシやジャガイモなどに含まれる麦芽糖を還元(水素を添加)することで生成される低カロリー甘味料です。甘味度は、砂糖の約80%で苦味などのクセもなく、カロリーは砂糖の2分の1。ブドウ糖として小腸で消化・吸収されないため、血糖値やインシュリン分泌への影響は、ほとんどありません。近年では、虫歯ケアにも期待がもたれています。
弊社使用のマルチトールは遺伝子組み換えでないヨーロッパ連合産(EU)のトウモロコシを使用しています。

お客様の声

  • ストレスからか どうしても甘い物を食べたくなり、なるべく我慢して食べないようにしてつらかったが、このチョコレートが食べられるようになって助かっています。
  • 間食ゼロを理想とするも実現できず。どうしても高カロリーのものが食べたくなる心と葛藤で疲れる日々でしたが、美味しいチョコレートに出会えて苦痛が和らぎました。
  • ストレスの多い時や空腹感の強い時には甘い物を我慢することは出来ない。経口血糖降下剤を服用しているので、低血糖を心配しなくてはならないと分かっているけどやめられない状態で苦しんでいましたが、御社のチョコレートを先生から紹介されて、何とか生きる希望が感じられる日々です。この先病気との長い戦いになると思いますが、このチョコはそんな私を励ましてくれると思います。
  • 間食したくてたまらなくなります。そんな時ドクターズチョコを一粒食べて、精神的に気分転換することができています。
  • 甘い物を食べることを我慢できないこと、毎日来る日も来る日も悩んでいましたが、非常においしいチョコレートのおかげで毎日幸せ気分になれています。
  • いつもおやつを食べてからの罪悪感との戦いです。特に甘い物では、カロリーが低くて血糖値が上がらないものが少ないので困っていましたが、このチョコレートと出会えて人生バラ色です。
  • 会社で、夕方みんなが「おなかすいたー」と甘いおやつを食べている時、その現場から離れて、泣いたときがあったが、今は美味しいチョコレートで幸せな生活を送ることが出来ています。感謝です。
  • チョコレートが大好きですが食べられなくなったので、御社のチョコレートは救いの神様です。食べたいものを食べられる幸せはすばらしい。
  • 病気になってもおやつを制限するのは難しい。成長期の子供(小学2年生)なので食べるのを禁止することは、他の子供と一緒にいる時は絶対にしたくないのですが・・・。御社のチョコは血糖コントロールにも問題なく、また子供もとても美味しいと喜んでおります。
【 TOPページ へ 】